トップページ » その他 » KVANTレーザーの配線方法

KVANTレーザーの配線方法

KVANTレーザーの配線方法

パソコン1台でレーザーを2台をコントロールする為の配線図

Windows8,10にも対応しています。

レーザーの台数が増えた場合はLAN HUBから先を同じように追加致します。
※Fiesta.NET Masterを必ず1台は接続して下さい。(Masterはキーが入っています。Slaveの方が安い。)
   2台目以降はFiesta.NET Slaveを増やすことが出来ます。最大Fiesta.NETは50台まで一度にコントロールすることが出来ます。
   簡単に数十台をコントロールする方法はLaser Matrixを使う方法です。

Fiesta.NET PROを使う場合はPCから直接Fiesta.NET PROへLANを繋ぎます。
Fiesta.NET PROからD-sub25ケーブルを繋ぎレーザーへ接続をします。

※PC(パソコン)はWindows XP,Vista,7,8に対応しています。
Fiestaが動作すすPCの推奨仕様
i5 CPU2GHzのデュアルコアプロセッサ以上
4GBのRAM(Windows Vista,7,8はOSでかなりのメモリーを使いますので出来れば8GB以上)
HDD容量100MB以上の空きがあれば動作します。現在販売されている物は250GB以上が主流です。
専用のグラフィックカード(NVIDIAまたはAMD / ATIの)
モニターは13インチ以上

2014年現在ではハードディスクでないSSDタイプのPCが多くあります。
SSDタイプのPCの方が動作は機敏に動いてくれます。
容量の大きいデーター(ショー)などを扱う場合はSSDタイプでメモリーが8M以上のPCをおすすめ致します。