トップページ » サポート/メンテナンス » ロスコスモークマシンのお手入れ

ROSCO Smoke Machine - ロスコスモークマシン

ロスコスモークマシンのお手入れ

スモークマシンの不具合として圧倒的に多いのが、ノズル及びヒートエクスチェンジャー(気化器)のつまりによる
「煙の出が悪い」「煙が出ない」といった症状です。
スモークマシンは構造上どうしても目づまりを起こしやすく、完全につまりを防ぐのは難しいのが実状です。
しかしながら、日常のメンテナンスを行っていただくことで本来の性能を維持し、より長くお使いいただくことが可能となります。
作業手順は下記の通りです。

[1] スモークマシンの使用が終わったら液ボトルからチューブを抜き取る
 

[2] チューブを持ち上げた状態で発煙
 

[3] チューブと気化器内部にスモーク液を残さないよう、煙がほぼ出なくなるまで運転
 

※ご注意: 一時期、蒸留水での洗浄を推奨しておりましたが、現行機種(アルファ900V2、モデル1700、デルタ3000)においては推奨しておりません。蒸留水での洗浄はお止めください。 

以上で作業は完了です。

◆メンテナンスのポイント◆
・本体内部にスモーク液を残さない。
・長期間使用せず保管しておく場合、定期的に電源を入れ発煙動作を行なって下さい。
・液チューブフィルターを装着して使用して下さい。
(フィルターが外れたり破損していると、不純物を吸い込みポンプ等に悪影響を及ぼすことがあります。)
上記を参考にスモークマシンを取り扱っていただくと、より長く、快適にご使用いただけます。